2011年01月31日

紙もペンも使わない授業、開始

佐賀県の小学校で先日、タブレット型のパソコン(アップル社の「iPad」が有名ですね)を使った公開授業が行われました。

いつも学校の授業で使っている教科書と同じ内容の電子教科書を使った授業で、

情報通信技術を活用した学校教育を進める、総務省の「フューチャースクール」推進事業の公開授業です。



今回公開されたのは4年生の算数の授業で、「でこぼこした形の面積をもとめよう」。

生徒が自分専用のタブレット型のパソコンで教科書ソフトを立ち上げ、しばらくして現れたL字型の図形を、

パソコンに付いているタッチペンで、大小の長方形に切り離して面積を求めていく、という授業です。



各パソコンは無線LANを通じて教室の前にある電子黒板とつながれていて、

生徒が自分の書いた答案や、自己流の切り方で新しい計算方法を見つけて計算していったアイデアを、

電子黒板を通じてクラス全員に発表できる、という利点もあります。



タブレット型のパソコンには、今回の算数はもちろん、漢字ドリルや地図ソフトも内蔵してあり、

ランドセルにパンパンに入っている、かさばる教科書やノート、プリントの代わりがこれ1台で出来ます。

ただし、校外への持ち出しは禁止で、「家庭学習はどのように進めるのか」との疑問も生まれてきますが、

この小学校では、数回分の授業のノートをまとめてプリントし、生徒に手渡すようにしているそうです。



教科書とノートとペンではなかなか難しい、切り貼りの操作などがパソコンで簡単にできることで、

問題を分からないままにするのではなく、自ら解こうという意欲が増しているといいます。

子どもたちの反応も「いろんなことができて楽しい」と上々だそうです。



日本の学力低下が深刻化されていますが、アナログからデジタルに完全移行されようとしている現代で、

今回の公開授業のような新しい試みで、学力低下に歯止めをかけていってもらいたいですね。


東海地区で活躍中の家庭教師のアイル
posted by アイル at 14:10| Comment(0) | 教育ニュース_愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

現代のインターネット事情

最近ではパソコンの保有率が格段にUPしていますが、当たり前のようにパソコンがあればインターネット接続も出来る様になりました。

パソコンの保有率があがると同時に、携帯の保有率も急速に伸び、パソコンで出来ることは携帯でも出来るようになり、自分のパソコンを持っていないお子さんが、携帯を使って色々なサイトにアクセスすることも可能になりました。

ブログや自己紹介サイトの数も増え、利用者数も激増しています。無料のゲームサイトでも知らない人と情報共有が出来る様になっています。


そこで増えてくるのがインターネット、ネット接続による回線を使った犯罪やいじめです。

これは他人事では全く無く、私たちの身近にある重大な問題です。


岡山県の教育委員会の調べで、インターネットからの不適切な書き込みが、今年の4月〜9月の半年間だけで、なんと4756件もあったそうです。

内容別で見ると、一番多かったのが「個人情報の流布」で、自分ではなく友人・知人の名前や住所などを不用意に公開してしまうケースが多かったそうです。

他に学校の悪評を流したりする内容が続きますが、次に多かったのが「誹謗中傷」の書き込みです。

新学期が始まって交友関係が活発になる5月と9月に書き込みが多いそうですが、教育委員会は生命に関わる緊急性が高いものからランクを付け、学校と連絡を取り合って対処していくそうです。


今回紹介したのは岡山県ですが、この東海地区でも他人事ではないですね。

生徒の数が多くなれば、その分問題の数も多くなるものです。

学校でのパソコン教育、そして自宅でのパソコンの使い方の指導を徐々に進めていって、ネット犯罪の撲滅を皆さんで考えていけたらいいですね。



東海地区で活躍中の家庭教師のアイル
posted by アイル at 15:41| Comment(0) | 教育ニュース_愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

今年もインフルエンザ流行

10月の終わりにニュースでやっていましたが、インフルエンザ定点医療機関当たり患者報告数が、北海道の浦河保健所地域で10月18−24日の週に15人となり、注意報レベルの「10」を超えました。

これは全国で注意報レベルを超える地域が出たのは、約半年ぶりだそうです。


1ヶ月ほどたち、インフルエンザの流行が警報レベルを超える地域が、今シーズン初めて11月15-21日の週に1か所出たそうです。

国立感染症研究所感染症情報センターなどによると、北海道の富良野保健所地域で、インフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が39人を超え、警報の開始基準となる「30」を超えてしまいました。

また、厚生労働省によると、インフルエンザの流行によって11月14−20日の週に新たに休校などの措置を取った学校数は、2週間ぶりの増加で前週から10校増の27校にのぼりました。

27校の内訳は、休校2校、学年閉鎖3校、学級閉鎖22校で、都道府県別では、北海道の8校が最も多く、以下は宮城と埼玉(共に3校)、群馬と神奈川(共に2校)などの順です。

この東海地区4県ではまだ学級閉鎖の調査報告はなく、警報レベルもまだ達してはいませんが、インフルエンザの脅威はすぐそこまで来ています。


様々な医療機関でインフルエンザのワクチン接種が出来ますが、予防としてはインフルエンザは水ではなく紅茶でする「紅茶うがい」が効果的だそうです。

ワクチンを打った方もそうでない方も、普段の生活で出来る予防をしていきましょう。

特に中学生の受験生の皆さんは、今が一番大事な時期ですからね。


最近は更に寒くなってきました。

インフルエンザだけでなく、風邪にも気をつけていきましょう。

愛知県中心に東海地区で活躍中の家庭教師のアイル
posted by アイル at 18:02| Comment(0) | 教育ニュース_愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

希望降任の教師数が過去最多

全国の役90万人の教員について実施された調査によると、全国の公立小・中・高校などで校長や教頭らが自ら希望して一般教員などに降任した人数2009年度は223人に上り、過去最多となったことが文部科学省の調査でわかりました。
その一方、教育委員会が指導力不足と認定した教員は260人となり5年連続で減少しました。


降任を希望するに至った主な理由には、役半数(107人 48%)が「健康上の問題」を挙げ、59人(26%)が「職務上の問題」を挙げていました。この結果を受け、「身体的、精神的に管理業務に重圧を感じるケースも少なくないのでは」とみている。

また、教育委員会が指導力不足と認定した教員数は減少を続けており、その原因として「各教委が、認定に至らない教諭に早い段階で研修を受けさせるなどの成果が出ている」と分析しています。

教師は、生徒達に非常に大きな影響を与える職業です。
アイルでも家庭教師を紹介する際には万全の体制で臨んでいます。家庭教師には勉強のやり方や教え方だけでなく、家庭教師としてのマナーや指導方針まで研修を行っています。

学校の教師は40人近い生徒達を一人でまとめて行かないといけないので、相当な指導力と熱意が必要となるのは容易に想像がつきます。また、その先生達をまとめる校長や教頭となればなおさらです。しかし、それでも私達は生徒達にかかわる以上先生には自信を持って指導に取り組む方ばかりであってほしいと思います。

岐阜の家庭教師アイル 教えにいく教師についてはこちらのQ&Aをご覧ください。

posted by アイル at 18:10| Comment(0) | 教育ニュース_愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手伝いをする子どもが増えています!

この11年間で家事手伝いやご近所の方への挨拶などを行う小学生、中学生の割合が増加したという事が国立青少年教育振興機構の調査によりわかりました。

この機構は今年の1月から2月にかけて、全国の小、中、高生と保護者の約3万5千人にアンケートを実施しそのなかで小4、小6、中2の手伝いの状況と生活習慣についてを、同様の調査を行った1998年度と比較しました。

調査の結果、買い物の手伝いを「いつもする」「時々する」と解答したこどもの割合は、98年度より14ポイント増加増えて70%を占めたようです。
また、食器の片付けなどをしている子どもの割合も10ポイント増え73%に、掃除・整頓の手伝いは13ポイント増の64%となるなど、全体的に向上した結果になりました。
また、朝顔を洗ったり歯磨きを行う子どもの割合は3ポイント増え95%、近所の人へのあいさつをしている子どもは5ポイント増の83%と、改善しました。

その一方で子どもが体験する自然に対しての項目は大幅にポイントが減しました。「昆虫採集を何度もしたことがある・少しある」と答えした子どもは22ポイント減の59%、海や川で泳井だ事があるという子どもは20ポイント減の70%となりました。


調査を行った教授によると「生活習慣が向上したのは親の意識が変化した為ではないか?」と分析しているようです。親の手伝いをしたり、近所の人へ挨拶をするなどのコミュニケーションはとても重要です。
ただ、後半に述べている自然体験をしている子どもが減っているのは少し気になりました。最近はゲームや携帯、パソコンなどの遊びばかりで外に遊びに行く子どもが減っているのは、家庭教師のアイルの生徒達の様子を聞いていても感じるところはありました。
ただ、それだけでは内向的になってしまいがちなので、是非外で遊ぶなどを積極的に取り入れてほしいと思います。


アイルは小中学生を対象に短時間で出来る勉強のやり方を教えています。
家庭教師のアイルは現在静岡県で生徒を募集しています。
自由な時間を増やして外に遊びに行こう!!!
posted by アイル at 17:05| Comment(0) | 教育ニュース_愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。