2010年09月25日

目覚めた状態をキープするタンパク質解明

愛知県岡崎市の自然科学研究機構生理学研究所の山中准教授らの研究チームが、目覚めた状態を保つために脳内神経たんぱく質がどのように影響しているのかを解明したと22日に米科学誌で発表しました。

この成果により、不眠症の治療に役立つのでは?と期待をされています。

不眠症とは
・なかなか寝付けないというもの
・眠れるが、中途半端な時間(2時とか、3時)に目が覚める
・すぐ眠れるが、中途半端な時間に目が覚める事はないが、早朝(朝の4時や5時)に目が覚めてしまう。
というものです。
これらの3つの症状が全て当てはまる方もいれば、1つだけという方もいます。

従来不眠症の対策としては
・昼間、興奮しすぎないようにする
・カフェインを摂取しない
・寝る準備を意識してしておく
というものでした。


私は、まだ不眠症にはなった事はありません。
小学生くらいの時に「翌日ディズニーランドに行く」とか気持ちが高ぶっている時に目が冴えて眠れなくなった…くらいです。
今回の研究の成果によって不眠症に悩む方への対処法に役立てばと期待されているようですね。確かに不眠症への治療薬になってくれたらたくさんの人が喜ぶでしょう。

ただ、私は家庭教師なので、このニュースを見た時にぱっと思い浮かんだのはやはり勉強関係です。勉強には「今が頑張りどきだ!」という時があります。
例えば高校入試の前日や、試験勉強をしている時に
「眠い…」
「ぼーっとする…」
などと言っていられません。
「目覚めた状態を保つ」こんなことが自由自在にできたらどんなに便利か…。
是非この研究を進化させて、眠気をコントロールできるようになれれば…♪
と思います。
posted by アイル at 00:31| 教育ニュース_愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。